がん保険の選び方。掛け捨て、女性向け、そもそも必要か?







がん保険とは

がんで入院した場合やがんの手術を受けた場合に給付金をもらうことができるがんに特化した保険のことです。一般的な医療保険が幅広くケガや病気を原因とした入院を対象としているのと違い、がん保険はがんのみを対象としている分、入院の日数限度などは無制限となっています。

がん保険 掛け捨て

がん保険には掛け捨て型と貯蓄型という2種類があります。簡単に言ってしまうと掛け捨て型というのは貯蓄型に比べて保険料は非常に安いですが支払った保険料が戻ってきません。また、掛け捨て型にも定期タイプと終身タイプがあり、その2種でも保険料は変わってきます。

がん保険 女性

女性向けがん保険は女性特有のがんになった場合に普通のがん保険よりも手厚い給付を受けられるがん保険のことです。保険会社にもよりますが女性特有のがんでない場合も通常より手厚い給付を受けられる場合もあります。

がん保険 選び方

がん保険を選ぶ際、悩む方は非常に多いと思います。なので診断給付金というがんと診断された時のお金が2度目以降も出ること、長期間の通院にも対応可能であること、一生涯の保障があることを最低条件に選んでみるといいでしょう。

がん保険 必要か

がん保険は必要かどうかについてですが、これは一概にどちらとも言えません。確かにがんに対して不安を抱いているのであれば加入するべきですが、経済面や、その他の理由で難しい方もいるでしょう。そもそも気にしていなかったり、その時はその時と割り切っているのであれば不要と言えます。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする