カーシェアリングって保険やチャイルドシートは?レンタカーと比較すると?







カーシェアリングとは

駐車場不足や渋滞の解消などを目的に1台の車を複数人が共同で使用することを言います。2002年に初めて事業会社が設立され、政府関連の法人や自治体が主導しているので電気自動車やハイブリッド車を使用しているのが特徴です。

カーシェアリング 保険

カーシェアリングの利用料金には基本的に保険料が含まれています。一般的に対人補償、対物補償、車両補償、人身傷害補償をしてくれますが場合によっては保険が適応されないこともあるので注意が必要です。

カーシェアリング チャイルドシート

子供がいるご家庭でもチャイルドシートをお持ちでない場合、なかなかカーシェアリングは利用しづらいようです。カーシェアリングでチャイルドシートを購入するにはコスパが悪いのでレンタルなどがおすすめです。

カーシェアリング 個人

DeNAが運営するエニカという個人間でカーシェアリングを行うサービスがあります。これは個人が所有している車を登録して、自分の都合のいい時間帯に希望する利用者に対して車を貸し出すことができます。

カーシェアリング レンタカー比較

カーシェアリングとレンタカーはそれぞれにメリットとデメリットがあります。カーシェアリングは会員になる必要がありますが手続きが楽であり、短時間の利用であれば非常に安いです。レンタカーの場合は入会の必要がなく、車種を選ぶことができます。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする