メルカリで稼ぐには?ハンドメイドや転売と仕入れ、税金についても





メルカリで稼ぐには

メルカリで稼ぐコツは様々あり、1つはメルカリを利用する、買い物する人が興味を持ってくれるものを売ることです。
まず買ってくれるには購入者の気持ちになって考えます。
例えば購入者にとって使いづらいものや興味もないものは買ってくれません。
もう1つ売るときに大切なことがあり、写真です。写真は表向き、場合によっては角度をつけたり、傷の状態がはっきり分かるように写真を撮るを購入してくれます。
写真が反対になっていたり、写真のフラッシュが強すぎて見づらい写真は売れ行きが悪くなります。
同じ物を他の人が売っている可能性もあるから、自分と他人とはどこが違い、売れ行きの差を観察するのも稼ぐコツです。
値段つけて売ること以外にも考えることが多くあります。

メルカリで稼ぐ ハンドメイド

メルカリでハンドメイドの作品を売るときは、本当に上手に作る人と購入者の気持ちになっていないと、稼ぐのは難しいです。
例えばハンドメイドで巾着袋の糸がすぐ取れてしまったり客層によって好きな柄もあります。
売るときはもう少しターゲットを絞るのもコツです。
ハンドメイド作品で誰もが買ってくれそうな人は子供を持つ母親です。
何故かというと子供が学校に行くときに巾着袋や上履き入れ、エプロンは必要です。
大人と違って子供の場合、ハンドメイドでおしゃれを楽しむ子供もいます。
1人だけハンドメイドの作品を持っているとあの子いいもの持っているとかどこで購入したのかという気持ちや気にかけてくれる人も増えます。
日本では著作権もあるから著作権の違反にならないように作らないといけない決まりもあります。

メルカリで稼ぐ方法 転売

転売するにはコツがあり、仕入れの金額よりも売る金額の方が高くなければいけません。
例えば先ほどのハンドメイドを売る場合は、材料費よりも上回る金額でないと稼ぐことは難しいです。
転売するには高く売ることもコツですが、仕入れのときに安く仕入れるのもコツです。
そのため仕入れ先をよく考えて、売るときに値段を考えなければいけません。
問題は明らかに品質や物が悪そうなのに高く売るのはよくありません。
ある程度価格に見合った金額をつけることで購入者も納得します。
仕入れるときは安いだけではなく安くて物がいいものを選ぶのもコツです。
さらにもう1つ転売のコツがありますが、検索のときにキーワードが引っかかり見やすい場所に写真がないと購入してくれるケースも少なくなります。

メルカリで稼ぐ 仕入れ

安くて物がいいものを仕入れるには店舗に行ったりするのではなく、通販サイトから安く仕入れるのをおすすめします。
このとき通販はあまり利用したくない、会員登録をあまりしたくないと躊躇していると仕入れどころか転売も上手くいきません。
なるべく新品に近いものや物がいいものを仕入れます。
同じ通販サイトでも写真が違うだけで値段も違う商品もあるから、よく違いを確認して購入するのも必要です。
通常は通販サイトを使うのをおすすめしますが、ときには店舗で仕入れる方が安い商品も若干あります。
1店舗だけではなくもう少しあちこちと仕入れるサイトや通販サイトを比較してから仕入れるのをおすすめします。
1店舗だけ選んだ場合、他のところよりも案外高い仕入れだったというケースもある場合があります。

メルカリで稼ぐ 税金

メルカリで稼いだら税金がかかりますが、こうしたメルカリなどで稼ぐときには税金の条件があります。
まず1つ目は営業目的かいらないものを売っているだけか目的が違うだけで税金の判定が違います。
営業目的の販売が確実に分かる場合は税金がかかります。
メルカリで稼いだのは所得税になりますが、営業目的や転売、仕入れなどを行った場合、殆どが譲渡所得という分類になります。
メルカリの場合はいくらから確定申告が必要になるかというと、通常20万円以上所得があった場合になります。
収入ではなく所得になります。
他の所得と同じように本業以外で稼いだ場合副業と見なされる場合があります。
他の副業と同じように20万円が基準であり、税金を払う必要があります。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする