イープラス重複当選やキャンセル待ち、コンビニ支払いの方法を解説!

この記事では、イープラスについて説明します。
イープラスの重複当選やキャンセル待ち、コンビニ支払いの方法を解説します。





イープラス キャンセル待ち

イープラスでは、申し込み手続きを完了したあとに予約した客が支払い期限までにチケット料金を支払わなかった場合、その予約は無効となりキャンセルとなります。
そして、キャンセルとなったチケットは一定時間後に順次再販されます。
キャンセル待ちの人にとって気になるのが一定期間ごとというのがいつなのかということだと思います。
チケットが再販されるタイミングは、週明けの月曜日10時ということが多いようですが確実ではないので気をつけてください。
実際には月曜10時に再販されるなどの規範はなく、タイミングはバラバラです。
一般販売が週末の場合、再販のタイミングは月曜日以降と認識しておいてください。
一般販売が土曜日だった場合、日曜日に再販されることは基本的にないと考えていいと思います。
曜日だけでなく、時間も必ず10時というわけではありません。
もちろん月曜10時のこともありますが、火曜の12時や水曜の0時なんてこともあります。
場合によっては、1週間ごとということもあります。
なのでチケットを確実に確保したいキャンセル待ちの人は、つねにサイトをチェックし続けるしか方法はありません。
どつしてもチケットが欲しい人は根気よく粘り強くサイトを確認して頑張りましょう。

イープラス 重複当選

チケットを確実に確保したい人は出来るだけチケット当選の確率を上げるためにさまざまな方法でチケットを購入するための工夫をしています。
誰でもすぐに思いつく方法としてチケットの複数枚買いなどがあると思いますが、実はチケットの複数枚買いには気をつけなければならないことがあります。
まず、チケットの抽選には当然ですがちゃんとした仕組みがあります。
チケットの抽選はコンピュータが行います。
そして、チケットの抽選は締め切り終了後に行なっています。
ちなみに、席番号などはこの時点で確定します。
大事なのが次で、チケット複数買いなどによる重複当選は弾かれる仕組みになっています。
重複当選というものを詳しく説明すると、住所や電話番号などが同じ名義での複数当選というものを重複当選といいます。
なので、チケットの複数枚買いする場合には、複数のことなら名義ごとに購入することをオススメします。
ただし、チケットに余りがある場合には重複当選でも問題ない場合があります。
その場合、当選したチケットを他人に譲ることもあるかもしれませんが、定価以下であれば転売扱いにはならないので余ったチケットを売りたい場合はくれぐれも定価以上で売ったりはしないようにしましょう。

イープラス コンビニ支払い

イープラスでのチケット購入の際の支払い方法にはたくさんの種類があります。
クレジットカード払いや電子マネー払い、コンビニ払いや銀行振込などがあります。
今回はこの内、コンビニ支払いについて軽く説明したいと思います。
コンビニ払いが行なえるコンビニは、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップとなっています。
コンビニによって支払いのやり方が異なるので注意してください。

セブンイレブンでのチケット購入方法は、申し込み時に受け取り方法をセブンイレブンに選択すると、近くのセブンイレブンでチケットを受け取ることが出来ます。
店のレジで13桁の番号を店員に伝えることによって購入することができます。

ファミリーマートでは、申し込み時にファミリーマートを選択すると近くのファミリーマートで受け取ることができます。
店に行き、店舗にあるファミポートを使って画面に表示される順序に従って入力していってください。
手続き完了後、出てきた申し込み券をレジに渡せば購入できます。

ローソンとミニストップでは、申し込み時に出てくる番号を持って、近くのコンビニに行き、店舗にあるロッピーに順次に従って入力していき、番号を入れることで申し込み券が出てくるので後はレジに持っていき購入することができます。
大雑把でらありますが、大体このような感じです。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする