エアコン掃除の仕方と頻度を解説!エアコン掃除 ダスキンなど業者や自分でするには?

この記事では、エアコン掃除の仕方と頻度について説明しています。
エアコン掃除をダスキンなど業者にお願いする場合や、自分でする方法について説明します。





エアコン掃除 頻度

夏場、冬場に大活躍するのがエアコン。ですが、久しぶりに電源を入れた際に異臭がしたり、故障のような音がした……という経験をされた方は多いのではないでしょうか。
エアコンはいったいどのくらいの頻度で掃除したらよいのでしょうか。
これはエアコンの「本体」と「フィルター」とに分けて考えるべきです。
フィルターに関して言えば、二週間に一度で大丈夫です。
だいたいの場合、本体を開けてフィルターを取り出してホコリを吸う、または水で洗い流すなどして清潔を保っていれば問題ありません。
特に業者に頼む必要も無く、手軽に行えます。
本体に関しては、頻度は一年に一回がおすすめです。
しかし、定期的にフィルター清掃を行っている場合には二年に一回でも良いとされています。
本体(内部)に関しては、業者にクリーニングを依頼する形となります。

エアコン掃除の仕方

エアコン掃除の仕方ですが、まずは目についたところからはじめましょう。
エアコンの電源を入れ、開いた送風口を見てください。
その際に黒い斑点を発見したら、カビです。
このカビがあるか、ないかが掃除すべきかどうかのひとつの目安になります。
掃除は、まず送風口の上部分を開けます。すぐにフィルターが目に入ると思います。
フィルターを引き出し、付着したホコリを掃除機で吸ってください。
その後、お風呂場で水洗いをします。
やわらかめのブラシで網目の箇所をこすってあげると、汚れがよく落ちます。
あとは水を切り、自然乾燥させましょう。フィルターの清掃は以上で完了です。
送風口のカビは雑巾や濡れティッシュ、使い古しの歯ブラシなどを使用して、綺麗にしましょう。

エアコン掃除 自分で

エアコン掃除を自分で行う場合には、いろいろな準備が必要になります。
雑巾や使い古しの歯ブラシなどの掃除用具のほかに、中性洗剤、キッチンペーパーや割り箸、もちろん掃除のための足場も必要となります。
フィルターや送風口のほかに自分で掃除が可能なのは、フィルター脇の埃のたまりやすい箇所や、風向きに変化をつけるためのルーバーなどの細かい部分、そして本体のカバーです。
まず、割り箸の先にキッチンペーパーを巻きつけ、固定して簡易的な掃除グッズを作成します。
先のキッチンペーパーを適度に濡らしてから、丁寧にホコリや汚れを取り除きます。
本体のカバーは、足場をつかって雑巾で拭きあげます。
いずれの場合においても、水気を最小限に抑えるのがコツです。
本体内部に水が入り込むと故障の原因になります。

エアコン掃除 業者

エアコン掃除を業者に頼む方も多いと思います。
自分自身で行う掃除と違い、プロに依頼するとなるとエアコンを分解した上での清掃が可能となります。
高圧洗浄機、スチームクリーナーなどの器具を使用する場合が多く、自力では難しかった内部のさらに細かい箇所まで徹底的に綺麗になります。
当然のことながら費用はかかりますが、一年に一回と考えれば十分に元はとれるかと思います。
さらにホコリや汚れを一掃できれば、冷暖房がよりスムーズに行われるのため省エネにもなります。
壁掛けタイプのエアコンで一回7,000円から10,000円ほどが相場ですが、長い目で見ればお得ではないでしょうか。
特に、もう何年も掃除をしていないエアコンの場合は、業者に頼んだ方がよさそうです。

エアコン掃除 ダスキン

エアコン掃除をダスキンに依頼するという方法があります。
ダスキンのホームページ上にクリーニングの概要、料金表について記載されているので検討してみてはいかがでしょうか。
具体的な見積もりを出すのは無料であり、ハウスクリーニング年間人気ランキング1位という実績もあるので試しに申し込んでみてもいいかもしれません。
ダスキンに依頼した場合、事前に清掃前に動作確認、通水確認をしてくれます。
そして、エアコン以外の部分が汚れないようにきちんと養生された上で作業が開始するので、他の家具に気を遣う必要がないです。
また、掃除後のカビ発生の元となりやすい「薬剤のすすぎ」に関しても徹底しており、仕上げまでしっかりと実施されるので安心です。
業者に頼むのであれば、業界最大手のダスキンに依頼するのがもっとも良いのではないでしょうか。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする