寒中見舞いを出す時期と文例、テンプレートやデザインを紹介します!

この記事では、寒中見舞いとはどんなものなのか、寒中見舞いを出す時期や文例について説明しています。
また、寒中見舞いのテンプレートやデザインについても紹介します。





寒中見舞いとは

寒中見舞いとは暑中見舞いとは違い、寒いときに送る挨拶が書かれた葉書のことを言います。
寒いときに送るのは年賀状やお歳暮のイベントもあるのではないかと思う人もいるかもしれませんが、年賀状は新しい新年を祝う専門の挨拶、お歳暮は葉書よりも品で送ることを重視しており、寒中見舞いとは少し違います。
寒中見舞いは寒い季節になったけれどどうしているかという内容を丁寧に書き、親しい人やお世話になっている人に送ります。
年賀状や喪中とは違いますが、喪中の内容と寒中見舞いとして一緒に葉書を書くことも出来るし、利用目的の範囲も本当は大きいです。
寒いことを祝うのではなく、寒くてもきちんと過ごせているかを確認するメッセージとなったのが寒中見舞いです。

寒中見舞い 時期

寒中見舞いは先ほども説明したように、季節は冬です。
寒中見舞いは年賀状と違うから早い方がいいのではないかと思いがちですが、実は1月8日から2月3日に送る方が望ましいです。
喪中の代わりに先ほど出せると書きましたが、喪中の挨拶として送る場合は年賀状を出すことを辞めたという後に書く文章のときに使います。
寒くなった始めは寒中と言わず、まだ暑さも和らいで少し経っている時期になります。
本来寒中とは本当に寒い時期のことを表し、時期として最もなのが1月8日から2月3日になります。
だから11月はまだとても寒いとは言えないし、3月は逆に遅いです。出すのは少し数日早くても構いませんが、届く日付について注意をしましょう。

寒中見舞い 文例

寒中見舞いの文例はインターネット検索からも調べることが出来ますが、書き方の例文とマナーを少し紹介します。
まずマナーとしては拝啓と敬具は書かず、文章から始めるのが適切です。
もう1つ最も重要なマナーがありますが、相手に失礼のないように出すことが大事です。
時期を間違えることも当然ですが、年賀状の余ったもので出すことや喪中の連絡なのにおめでたい話を使うのはマナー違反です。
相手の気持ちをよく考えてから出すようにします。
おめでたいときは寒い季節になりますが、健康の日々を暮らせていることを祈ります、という寒い季節だけれど大丈夫なのかという文章を丁寧に送ります。
喪中の場合は、喪中につき、新年の挨拶は遠慮させていただきました、など不快のない文章を送ります。

寒中見舞い テンプレート

寒中見舞いのテンプレートは様々なところから貰うことが出来ます。
例文もインターネットから探せますが、テンプレートもインターネットから探すことが出来ます。
テンプレートにも著作権があり、営業として使えるのか使えないのか説明をよく読んでからダウンロードすることをおすすめします。
テンプレートはインターネットだけではなく、葉書を注文したり郵便局から寒中見舞いのテンプレートしている葉書を購入することが出来ます。
例えば挨拶だけが書かれていたり、イラストも一緒についているもの、名前も書いてくれる業者などもいます。
どこがいいか決めるのは問題ありませんが、喪中やおめでたいことなど目的に合った文章かどうか確認する必要があります。

寒中見舞い デザイン

寒中見舞いのデザインはテンプレートと同じようにインターネットからダウンロードしたり、郵便局から葉書購入することが出来ます。
文字と一緒についてるデザインもあるし、イラストだけのデザインもあります。
イラストの場合はパソコンに最初からついている葉書作成ソフトを使ってイラストを探すのもいいし、自分で手書きで書く方法もあります。
自分で手書きで書く場合はおめでたいことなら悲しいものを書かないように、喪中なら派手すぎないように書くのはマナーとして大切です。
インターネットからイラストを印刷する場合は、自宅でプリンタが必要になります。
プリンタとインクがあればお金はかかりませんが、デザインを印刷する準備が整っていない場合は結構お金がいります。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする