酉の市とは?いつ、どこで?などを解説!大鳥神社や熊手についても

この記事では、酉の市とは?いつ、どこで?などを解説しています。
大鳥神社や酉の市の熊手についても説明します。





酉の市とは

東京浅草の鷲神社、東京目黒の大鳥神社、そして酉の寺という別名も持つ長國寺など、「とり」にゆかりのある寺社にて、毎年商売繁盛を祈願して行われるお祭り(露天市)のことで別名、大酉祭(おおとりまつり)、お酉様(おとりさま)などともいわれます。
開催されるのは毎年11月の酉の日の酉の刻(午後5時~7時)。
酉と聞くと十二支を思い出しますが、酉の日は、12日ごとにめぐって来るため多ければ3回、少なくとも2回あるということになり、三の酉まである年は火事が多いともいわれています。
おかめの面や小判、招き猫や鯛など縁起の良い物を飾り付けた縁起熊手が売られることが有名で、それらを買って一年の無事と来る年の福を願います。
ちなみにこの熊手は毎年ひと回り大きなものに買い換えると良いとされ、値切れば値切るほど縁起がいいとされています。
また、酉の市は江戸時代から続く伝統ある行事であり、現在の東京都足立区にある大鷲神社がその起源とされています。
近隣の農民たちが、秋の収穫を祝って鷲大明神に鶏を奉納したのが始まりだといわれていて、当時奉納された鶏は、お祭りの後浅草寺まで運ばれ観音堂で放たれたそうです。
そこから開運招福や商売繁盛を祈る祭りに意味合いが変わり、正月を迎えるための最初の祭りとして世間に定着しました。

酉の市 大鳥神社

酉の市は毎年11月の酉の日に行われる露店市のことで、別名、大酉祭(おおとりまつり)、お酉様(おとりさま)などともいわれます。
酉の日はの「酉」とは暦中の十二支の「とり」を指し、12日ごとに訪れるため少なければ2回、多ければ3回が一カ月の間に訪れ開催されています。
現在は稲荷神社などで行われている例もありますが、本来は、大鳥神社をはじめとする酉にゆかりのある寺社にて行われる行事のことを指します。
酉の市の起源はとても古く、始まりは江戸時代までさかのぼります。
関東(江戸)を中心に広がっていったのですが、その理由は日本武尊(ヤマトタケルノミコト)をまつる神社が関東に多かったためだといわれており、その発祥は諸説ありますが、江戸酉の市の発祥は鷲神社でまつられている日本武尊(ヤマトタケルノミコト)に感謝し命日と言い伝えられている11月の酉の日に収穫祭として始めたものだとい伝えられています。
収穫祭として始まった酉の市も現在では商売繁盛・金運アップを祈る行事へと変わり、出店やお祭りの雰囲気を楽しむ家族連れの姿も見かけるようになりました。
また、大鳥神社の社名「おおとり」は、「大取」と読み替えることもでき、商売繁盛開運招福の神様として、多くの人達の信仰を集めております。

酉の市 熊手

東京浅草の鷲神社、大阪堺市の大鳥神社、そして酉の寺という別名も持つ長國寺など、「とり」にゆかりのある寺社にて毎年11月の酉の日に開催される酉の市では商売繁盛を祈願して行われるお祭り(露天市)のことで別名、大酉祭(おおとりまつり)、お酉様(おとりさま)などともいわれます。
かめの面や小判、招き猫や鯛など縁起の良い物を飾り付けた縁起熊手が売られることが有名でそれらを買って、一年の無事と来る年の福を願います。
熊手が良いとされている理由は酉の市で農具として売られていた熊手が、福や金銀をかき集めるものに見立てられているからです。
縁起熊手は毎年ひと回り大きなものに買い換えると良いとされ、値切れば値切るほど縁起がいいとされていますが、値切ったあとにそのま購入せず最初に聞いた値段で支払って値切った分のおつりはご祝儀として渡すというのが粋な買い方です。
買った熊手は、高々と掲げて持ち帰り、玄関などの入り口に向けて少し高いところに飾るか、神棚に供えてお正月を迎えると大きな福をかき込むことができるといわれています。酉の市は年明けからの商売繁盛・金運アップを願うということで、商売仲間や会社の仲間と行く人も多いですが誰と行こうが全く問題ありません。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする