喪中ハガキはいつ出すの?範囲は?喪中ハガキの文面や無料テンプレートも紹介!

この記事では、喪中ハガキはいつ出すのかや範囲など、喪中ハガキについて説明しています。
喪中ハガキの文面や無料テンプレートについても紹介します。





喪中ハガキ いつ出す

日本では、喪に服している最中はお祝いなどのおめでたい挨拶は控えるという風習があります。
そのため、年内に身内に不幸があった場合に「新年の挨拶を控えます」という意向を伝えるために喪中はがきを送ります。
しかし、喪中はがきはいつ送ると良いのか分からず、迷ってしまう場合もありますよね。
喪中はがきは相手が新年の挨拶である年賀状を用意する前に届くようにすることがマナーです。
11月から12月の頭までには送るようにしましょう。
万が一喪中はがきを出し忘れてしまうことや年末に不幸があり、喪中はがきを出せなかったという場合には急いですぐに贈るのではなく、新年の挨拶の時期が過ぎた1月7日以降に「寒中見舞い」を送りましょう。

喪中はがき 範囲

喪中はがきを送る相手は、年賀状のやり取りをしている方に送ることが一般的です。
どこまでの範囲の人に出せばいいの?と悩んでしまった際は昨年の年賀状を受け取った相手を参考にして送るとわかりやすいのでおすすめです。
他にも、葬式などで香典を下さった方にも喪中はがきを出す場合もあります。
近しい親族は同じく喪中であることや喪中であることを知っているという場合がほとんどなので、あえて送らないという場合がほとんどです。
また、喪中はがきはあくまで身内の出来事のため取引先などビジネスでの関係の方にも送らないという場合も多いですが、故人がお世話になっていたなどという場合は親族の判断で送っても良いです。
そして、同じく喪中の相手に喪中はがきを送っても良いのか?と悩んでしまう場合が多いですが、喪中のはがきは相手が喪中の場合に送っても失礼にはなりません。

喪中ハガキ 文面

喪中はがきの文面はどう書くのが正しいのか?という点についてご紹介します。
喪中はがきの文面は、大きく分けて5つの内容を書きます。
まずは、喪中であるため、年末年始の挨拶を控えるという意思を示す挨拶の文章を書きます。
「喪中につき年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げます」といった文が一般的です。
そして、何月何日に誰が亡くなったのかを簡潔に書きます。
次に、本年はお世話になりました、という感謝の言葉や来年もよろしくお願いしますなどの挨拶を書きます。
そのあとに日付を書き、最後に差出人の住所や名前を書きます。
以上が喪中はがきの文面です。
年賀状には最近のできごとなどちょっとした一言のメッセージを添えることが多いですが、喪中はがきにはそういった文章をつけるとマナー違反となってしまうため必要な情報以外は書かないことが無難です。

喪中ハガキ 無料テンプレート

「喪中はがきを出さなくてはいけないけれど、1から考えて印刷するのは大変そう」「忙しくて書く時間を確保するのが大変…」という場合には、テンプレートの利用がおすすめです。
現在、様々な喪中はがきのテンプレートがあります。
1番手軽なのは、「インターネットで探す」という方法です。
インターネットのテンプレートは、プロの方が考案したハガキの柄に文面が書かれたものが豊富にあります。
カラーの物から、白黒のものまで様々です。
無料で使用できるものがほとんどなので、是非利用してみて下さい。
そして、ハガキの名前や日付などは自分で簡単に編集することができます。
編集して完成した喪中はがきは、ダウンロードして自宅で印刷することができます。
自宅で印刷できない場合は、コンビニでの印刷も可能です。

喪中はがきが届いたら

喪中はがきが自分の元に届いたらどうすれば良いのでしょうか?
喪中はがきを受け取ったので、年賀状を送らないという対応をしている方は多いです。
しかし、喪中はがきを受け取った際には「喪中見舞い」を送ることがより丁寧な対応とされているのです。
喪中見舞いとは、喪中はがきを受け取った際に相手が喪中のはがきのお礼や自分も年賀状を控える旨を伝えるものです。
文章を添える際は、喪中のご遺族を気遣った文章にすることを心がけましょう。
また、喪中であることをハガキを受け取った際に初めて知ったという場合は、相手に電話などで連絡をとり可能な限り日程を合わせてお線香を上げに行くなど挨拶に伺わせてもらいましょう。
喪中はがきは受け取ってそのままにするのではなく、こちらからもできる限り丁寧な対応をするのが礼儀として良いです。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする