初穂料とは?お宮参りと初穂料のし袋の書き方やお金の入れ方を解説!

この記事では、初穂料とはいつ、どんなふうに必要なのかを説明しています。
お宮参りと初穂料ののし袋の書き方やお金の入れ方などを説明します。





初穂料とは

初穂料とは、神社でご祈祷や儀式をお願いした時に渡すお礼のことです。
神社で儀式をお願いしたことはないですか。
そう言われるとなかなか行かない神社ですが、よく思い出してみてください。
七五三のお参りや厄除け祈願、地鎮祭やお守りやお札を授与されることがあるのではないでしょうか。
その時に、神社へお礼の気持ちを込めてお金を渡しますよね。
では、そもそも初穂料とは何なのでしょうか。
現代では神社へのお礼はお金を渡すことが主流ですが、かつての日本ではその年に初めてとれたお米、初穂を感謝の気持ちと共に神社へ奉納していました。
そしてそれは時代が変わった今でも名前をかえることなく受け継がれてきました。
これが初穂料の名前の由来です。つまり、神社へ奉納するお礼のことを初穂料といいます。

初穂料 のし袋

では、この初穂料を納めるのに使うのし袋はどうすればよいのでしょうか。
のし袋にはたくさんの種類がありますよね。
一般的なのし袋には水切りが紅白で蝶結びのものを使用します。
水切り、とはのし袋に結ばれているあのリボンのようなもののことで、この色が赤と白の2色で結ばれている物を使うと良いです。
また、この水切りの結び方には、蝶結びと結びきりの2種類があります。
蝶結びは、ほどいても何度も結ぶことができるため、出産、長寿、開店など何度繰り返してもよいことを祝う場合に使います。
結びきりは2度とあってはならない結婚、弔事、病気などの場合に使います。
初穂料に使うのし袋は、赤と白の2色で何度あってもよいお祝い事をする場合に使う、おめでたいのし袋なんですね。

初穂料 書き方

次にのし袋の書き方を説明します。
のし袋は感謝の気持ちを込めて丁寧に手書きで書くのが一般的です。
水引の上段には「初穂料」と書き、下段には自分の名前を書きます。
自分の名前というのはのし袋を記入する本人の名前ではなく、七五三や御宮参りであれば子どもの名前、厄払いをする場合であれば約払いをしてもらう人の名前を書きます。
また、該当する人の人数が2人以上の場合は、夫婦であれば世帯主を中心にフルネームを書き、その少し左側に小さく妻の名前を書きます。
3名の連盟の場合までは同じです。
4人以上になれば連盟では書かないのが一般的です。
中央に代表者の名前を記入し、その左側に小さめに「外一同」と書きます。
また、企業の場合は、企業の代表者の名前を中心に書きその右側に会社名、代表者の左側に「外一同」と記入します。

初穂料 お金の入れ方

初穂料の中にはお米は入れず、お金のみを入れます。
初穂料に入れるお金は必ずしも新札である必要はありませんが、できるだけ綺麗なお金を準備しましょう。
あまりにボロボロものや破れがあるものは避けましょう。
時間がなくて新札が準備できない時には、少しだけ霧吹きをかけてからアイロンで伸ばすと綺麗になりますよ。
また、お金には表と裏があります。
人物が書いてある方がおもて、自分物が書いていないほうが裏です。
のし袋には一般的に中包みといわれる小さな封筒が入っています。
お金はこの中包みに入れます。
のし袋に中包みを入れたときにお金が正面を向くのが正しいお金の入れ方です。
つまり、お金を出した時に、人物の顔が一番に見えれば正解です。

初穂料 お宮参り

お宮参りに行く時には初穂料を準備する必要があります。
お宮参りは、生後1カ月頃にその子の健やかな成長を願って神社にお参りすることです。
この時に初穂料を持参します。
お宮参りに入れる金額には目安があり、一般的には5千円程度が相場とされています。
お払いの後に縁起物を頂く場合には1万円程度を渡す場合もあります。
また、神社へ尋ねると、昔は気持ちですと言われることが多かったのですが、最近はいくらと答えてくれる神社も多くなっています。
失礼のないように、「お宮参りに伺いたいのですが、初穂料はおいくらくらいでしょうか」「お宮参りに行きたいですが、お参りの時に祝詞をあげて頂きたいと考えています。初穂料はおいくらくらいでしょうか」と尋ねてみると良いかもしれません。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする