お宮参りとは、いつ行くか解説!初穂料と食事、服装についても

この記事では、お宮参りとはどんなものか、いつ行くのがいいのかなどを説明しています。
お宮参りに行く服装や初穂料、食事などについても説明します。





お宮参りとは

お宮参りとは赤ん坊が産まれてからすぐ神社にお参りするイベントのことを言います。
赤ん坊が無事母親から産まれることはめでたいことです。
中には母親が苦しんで母も子もいなくなる人もいるし、子供が上手に産まれないこともあります。
子供が無事に産まれてきたことをお祝いし、神社に行く行事をお宮参りと言います。
お宮参りのことを別名初宮参りと呼ぶ人もおり、産まれてから何回も神社に行ったときではなく、特に初めて行ったときのことを言います。
お宮参りは普通の参拝と少し違い、服装や時期などにこだわりがあります。
お宮参りは最近出来たものではなく、昔から続いている伝統的なイベントであり今も引き継がれています。
これが赤ん坊の産まれてからの初めてのイベントでもあります。

お宮参り いつ

お宮参りは赤ん坊が男の子だった場合と女の子のときと正式には日程が違います。
日程はわずか1日しか差はありませんが、赤ん坊のこれから将来にとっては大事な行事になります。
男の子は産まれてから31日目、女の子の場合は産まれてから32日目にお宮参りをします。
地域によっては日程の差が少し違うため、自分の地域に詳しくてももう1度確認する方が望ましいです。
お宮参りは31日目しかだめ、32日しかだめなわけではないし、実際にはいつでも行えます。
伝統的に引き継がれている正式な日程は男の子が31日目、女の子が32日目になります。
お宮参りはこれだけではなく100日経つとお宮参りのイベントがあります。
正式に行いたい人は日程を間違えないようにしましょう。

お宮参り 服装

お宮参りに行くときの服装は母親、父親、赤ん坊は結構重要なものになります。
父親はお祝いようのスーツ、母親は着物がいいです。
神社に行くのに普通の洋服だと軽々しい印象があり、お宮参りの正式な服装がいいです。
お宮参りの専用の服装はレンタルして借りる方法もあります。
着物を通常購入すると料金が高く、これから子供を育てるのもより大変になります。
レンタルなら購入するよりは安いから生活費も心配なくなります。
さらに赤ん坊の服装は着物あるいは産着でもいいです。
着物にする場合は条件がありますが、白い羽を後ろにつけるのが正式です。
赤ん坊の着物も場所によってはレンタルすることが出来るけれど、地域によってないところやお金がない人は産着でも問題ないです。

お宮参り 食事

お宮参りをすると実は食事会があります。
お宮参りでは子供の赤ん坊のために参拝し、来てくれた人と一緒に食事会をして皆で食事をします。
お祝い用の席が必ずしもあるわけではないし、場合によっては場所が使えないこともあります。
他の人が使っている場合もあるため予約してから行く方が望ましいです。
予約してから行かないと母親も子供も疲れてしまいます。
子供にとっては産まれてから少し経ったときのイベントだし、母親も出産してから間もないため体調が安定しているとは限りません。
個室もあると便利です。
さらに気を付けないといけないことは子供のためだということを忘れないようにします。
食事会は必ずしもしなければいけないものではないため、気になる人や席が取れないなら、辞めても心配はありません。

お宮参り 初穂料

お宮参りの初穂料とはお祝い事に出してくれるお金のことを言います。
食事や赤ん坊専用用品を人から貰うこととは違います。
よく結婚式や葬式をするときに他人や人や親戚からお金を出してくれてお祝いしてくれたりすると思います。
これと同じように赤ん坊のお宮参りでも初穂料があります。
初穂料の目安はあまり多くなく、気持ちだけでいいですと言われたら5000円でも問題ありません。
ただ封筒や書き方にはマナーがあり、封筒は葬式用のではなくリボンの形があるお祝い事用の封筒を使うようにします。
初穂料をあげるときは封筒に新札ではなくてもいいですが、なるべくピン札を入れるようにします。
折りたたんでいるお札や曲がっているお札は辞めるようにします。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする