eタックスで確定申告!開始届やカードリーダー、ソフトは必要か?







eタックスとは

正確には国税電子申告・納税システムと言って2004年から導入された国税庁の管理する国営オンラインサービスのことです。インターネット環境さえあれば自宅からでも納税に関する各種手続きを行うことができます。

eタックス 確定申告

eタックスを利用しての申告方法は2種類に分かれており、基本的にはどちらも自分のパソコンで申告書を作成します。異なるのはそのままデータとして送信するか申告書を印刷して郵送するかということです。また、データとして送信する場合には電子証明書の取得が必要になります。

eタックス カードリーダー

前述のように申告書をデータとして送信する場合、icカードリーダーを用意する必要があります。理由は住民基本台帳カードの情報を読み取る溜めであり、電子証明書と合わせて住民基本台帳カードの情報を送信することで申告書の正当性が証明されます。

eタックス 開始届

eタックスを利用したい場合は電子申告・納税等開始届出書という書類を事前に提出し、利用者識別番号を取得する必要があります。また、この書類を提出することで納税に関する各種手続きができるようになり、手続きごとに改めて書類を提出する必要はなくなります。

eタックスソフト

eタックスのホームページからダウンロードできるソフトであり、申告書などの形式に合わせて必要事項を入力することでデータを作成することができます。ダウンロードできるものの他にもインターネット上でのみ使えるeタックスソフト(WEB版)もあります。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする