ソーラーパネルで停電時も安心!?ソーラーパネルの値段と発電量、寿命やデメリットなど

この記事では、ソーラーパネルについて説明しています。
ソーラーパネルの値段と発電量、寿命やデメリットなどを説明します。
停電時に備えてソーラーパネルを設置するべきか考えてみましょう。





ソーラーパネル 値段

ソーラーパネルの値段に関しては、インターネットのサイトの価格comから調べることが出来ます。
価格comでは設置する価格が平均180万円、ただし20万円は補助金が出ます。
取り付けに関してはとても価格が高いですが、毎月の発電金額は平均2万円になります。
補助金に関しては確実に貰えるかというと、申請してから決まります。
だから場合によっては金額が沢山貰えることもあるし、本当に少ない場合もあります。
ソーラーパネルは太陽の光だけで発電出来るからいいと思っている人もいると思いますが、損するとか得をするだけでは考えず天候や補助金、設置費用などを全部合わせた上で検討をするのが望ましいです。
設置費用もソーラーパネルを頼んだところによっては若干違います。

ソーラーパネル 発電量

ソーラーパネルには発電量というものがあります。
発電量が大きいと電気や電力を沢山使うことが出来ます。
発電量が小さいと電気や電力はあまり使うことが出来ません。
この発電量の決め手となるのがソーラーパネルのパネルの数と天候の条件になります。
天候がよければ発電量を多くすることが出来るし、パネルも多ければ電力も大きく出来ます。
結論から説明すると発電量が大きい方がいいです。
しかし人によってはコストを安くしたいと考えている人もいます。
パネルが大きいとパネルの設置料金も加算するし、パネルの置き場も考えなければいけないのが問題です。
パネルは沢山あれば問題ないというわけではなく、電力は多く発することが出来るけれど小さいパネルを選ぶ方がいいです。

ソーラーパネル 停電時

ソーラーパネルは停電時に活躍出来るメリットがあります。
ソーラーパネルは基本は電気と太陽光発電と切り替えることが出来ます。
電気から送るように変更も出来るし、もちろん太陽から送ることに変更出来ます。
普段電気をなるべく使っていれば停電時は多くソーラーパネルのメリットが働きます。
だから停電時もテレビを見たい人も見ることが出来るし、電気を使う仕事をしたいと思ったら最低限のことは出来ます。
夜暗くて見えないところでも太陽電池があるからあかりをつけて歩くことも出来ます。
夜のあかりはとても大切であり、電気がないと夜は階段から転んだりどこかでつまづいて転倒する恐れもあります。
例えばトイレに行く途中だった場合つまづいて転んだら痛い思いをします。

ソーラーパネル デメリット

ソーラーパネルはメリットが大きいですが、実はデメリットもあります。
1つは停電になっているからいいといっても停電時使える電気の蓄電量は決まっています。
だからむやみにあれもこれも出来るという考えとは少し違います。
蓄電量が限られているから最低限の生活をする方がソーラーパネルでも無難になります。2つ目の問題は停電をするとソーラーパネルの機械が使えないこともあります。
ソーラーパネルの動作を動かす機械が家庭のどこかに設置していると思います。
停電をするとその機械も動かないものも出てきます。
動いていても最低限のことしか出来ないものもあります。
ソーラーパネルの切り替えに関しても電気を使っているから停電をすると困ります。
デメリットがあることも意識をした上で購入しましょう。

ソーラーパネル 寿命

ソーラーパネルの1番気になるところは寿命です。
寿命に近づくとどうなるかというと、発電力が小さくなったり効率よく動かなくなります。
ソーラーパネルの寿命は一般的には25年から30年になります。
かなり寿命があると思う人もいるかもしれませんが、先ほども書いたようにソーラーパネルには設置料金がかなりかかります。
寿命ごとにソーラーパネルを変えるとお金の出費が多くなります。
基本的にはソーラーパネルは10年間の保証がありますが、10年を超えたら自費になります。
普通の電気なら寿命というものはありませんが、ソーラーパネルには寿命もありパネル1つ1つの寿命や機械の寿命もついており、負担するところが多くあります。
なるべく寿命が少しでも多く持つものを考慮したり比較して購入するのがいいです。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする