大豆タンパク質を解説!ためしてガッテンでも紹介された効果や筋肉との関係、サプリととりすぎなど

この記事では、大豆タンパク質について説明します。
ためしてガッテンでも紹介された大豆タンパク質。
その効果と筋肉への影響、サプリとタンパク質のとりすぎなどについて説明します。





大豆タンパク質 効果

大豆は植物性の食品の中でもたんぱく質を多く含む食材として又【畑の肉】とまで呼ばれるぐらい有名です。
畑の肉と呼ばれるだけあって肉類とほぼ同じぐらいのたんぱく質量になります。
栄養価も大変高く吸収率が95%とほぼ体内で完全利用できるたんぱく質となっています。
大豆たんぱく質のアミノ酸は筋肉を強くしたり持久力・集中力の役立ちもしています。
なのでスポーツをする人や生活習慣の乱れなど体の負担となる作用を良くしてくれます。
また、大豆たんぱく質にはダイエットだったり減量をしている人にも負担なくコントロールすることができいいといわれています。
大豆料理や飲料など様々あり飽きることなく続けられることも高く評価していいと思います。

大豆たんぱく質 筋肉

筋肉をつけたいと言えば肉を食べることとイメージしがちですが、大豆たんぱく質でも筋肉筋力アップの効果が出ます。
とくに筋肉をつくるにはたんぱく質が重要となり動物性・植物性ともに大切になってきます。
ただ筋肉や筋力をつけたいからむやみにたんぱく質を取るのは逆効果になり、場合によっては体の負担になりえることもあります。
摂取量の目安としては運動量・体重で考えたんぱく質うを摂るといいと言えます。
またたんぱく質は1度にとるのではなく3度の食事や均等に分けて摂ることが大切です。
たんぱく質だけ摂っていればいいという問題でもないです。
ビタミンB6や亜鉛・炭水化物などにも筋肉・筋力のアップや手助けとなる栄養がたくさんあります。
たんぱく質とうまく組み合わせの食事も大切となってきます。

大豆タンパク質 ためしてガッテン

NHKの放送でも【大豆】について取り上げられていました。
武庫川女子大学 国際健康開発研究所の家森教授による実験と結果などを放送していた番組になります。
結果としては大豆を摂ることにより筋力アップはもちろん心臓病が軽減されるなど、大きな効果が期待されることがわかりました。
また年齢とともに筋力・体力など落ちていきますがたった数週間大豆を摂取するだけでも
効果が出ることもわかりました。
それだけ大豆たんぱく質には大きな効果や期待を持つことができます。
筋肉はもちろん、心臓の病気の予防にもなるとなればやはり大豆を摂取することは大切な気がしますね。
また寝たきりになっている方でさえ大豆を摂取することにより筋力がアップしたとも番内で放送しているのを見ると嘘のように感じますが、それだけ大豆たんぱく質は大切なことが感じられます。

大豆たんぱく質 サプリ

大豆たんぱく質 サプリといっても数多くの種類がありどれが1番いいのか悩むところですよね。
場合によってはサプリを続けていても効果を感じられないという方も多いと思います。
結果、大豆を摂取することを諦めてしまう方も中にはいるかもしれません。
どのサプリに関しても大豆たんぱく質を摂取することはできますが、サプリだけで大豆たんぱく質を摂るのではなくあくまでもサプリは栄養の補助として考えた方がいいのではないかと思います。
大豆料理や飲料のお供にサプリと考えられた方が長く続けられる気がしませんか。
食事で大豆を食べることができない場合はサプリで摂取をするなど、うまく組み合わせていくことも大切な気がしますね。
また粉末タイプなどもあるので食事に合わせたり飲料に混ぜて摂取することもでき便利だと思います。

大豆タンパク質 とりすぎ

大豆たんぱく質を多く摂ればいいという問題でもありません。
大豆イソフラボンは摂取しすぎると女性の方だと子宮内膜症や乳がんの発症を高めてしまう場合もあります。
平均的には成人が1日に摂取すべきたんぱく質は体重1キログラムにつきおおよそ0.8グラムといわれています。
たんぱく質を取り過ぎと体重が増えたり肝臓の負担や脱水症状などにもなりつつあります。
それだけ摂取しすぎると大きな負担になることが分かってきます。
大豆たんぱく質だけなく他の栄養についてもほどほどに摂取することが1番ですね。
せっかく健康維持や筋肉アップの為に摂取していても取り過ぎると逆効果だけではなく、病気の発症の恐れにもなるので大変怖いところではありますが、うまく食事や運動など考えながら摂取して健康維持を続けていければいいところですね。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする