マグネシウムの効果、多く含む食品と摂取量、サプリや水を解説!

この記事では、栄養素としてのマグネシウムについて説明しています。
マグネシウムの効果、マグネシウムを多く含む食品と摂取量、サプリや水でマグネシウムを摂取するときの注意点などを説明します。





マグネシウム 効果

マグネシウムは私達が生活する上で必要な栄養になります。
マグネシウムの効果は歯や骨を強くしたり、病気が発生しないように生活習慣病を予防したりします。
歯や骨を作るだけではなく高血圧の予防や心筋梗塞、不整脈をなくし、心身の悩みから来る抑うつも若干予防することが出来ます。
マグネシウムを摂取していれば抑うつにもなりにくいし、高血圧も予防出来るから病気になっていても手助けになる栄養素です。
マグネシウムと言う言葉を聞いて酸化マグネシウムという軟便剤を思い浮かぶ人もいますが、このマグネシウムと同じ栄養素で便秘の改善にも役立ちます。
便秘が改善されるといつも便秘という悩みもなくなるし、心配する病気も減るのが特徴です。

マグネシウム 摂取量

マグネシウムは実は摂取量はとても大切で、過剰に摂取してしまうと副作用が起きます。
酸化マグネシウムを飲んだことがある人なら分かる人もいるかもしれませんが、沢山摂りすぎると便秘どころか下痢になる人もいます。
いくら軟便剤として役に立っていても決められた量や基準の量があります。
これと同様に普通にマグネシウムを摂取する場合も摂取量の目安があります。
もちろん先ほども説明した通り便秘が改善される代わりに胃の負担にもなります。
過剰に摂取しすぎると嘔吐や吐き気なども催します。大人の男性なら340から370ミリグラム、女性ならもう少し少なく1日270から290ミリグラムが目安になります。
女性なら納豆が270グラム分が目安になります。

マグネシウムを多く含む食品

マグネシウムは実は食品からも摂取することが出来ます。
先ほども説明した通り納豆からも摂取することが出来ます。
納豆が苦手だったりする人は別の食品からも摂ることが出来ます。
代表的なのは魚から摂ることが出来ます。煮干しやイワシなどから摂ることが出来ます。
魚が嫌いな人はここで骨があるから苦手だと思う人がいます。
煮干しやイワシ以外からも摂取が出来ますが、鮎やホッケや秋刀魚からもイワシよりは少ないですが摂取することが出来ます。
マグネシウムが特に多く含まれているのはこの中でも煮干しが多く、他の食品から挙げるときな粉や油揚げにマグネシウムが多く含まれています。
油揚げなら料理にも使いやすいし、嫌いな人も少ないと思います。

マグネシウム サプリ

マグネシウムはサプリからも摂取をすることが出来て、ドラッグストアにはマグネシウムと書かれた袋にマグネシウムのサプリが入っています。
どのコーナーに売っているかというとサプリコーナーと近い場所にありカルシウムやカリウムなど単体でサプリを摂ることが出来るように袋がまとめて置いてある場所にあります。
これが一般的なマグネシウムのサプリですが、もう少し他のサプリがいいと思う人は他のマグネシウムのサプリもあります。
マグネシウムの他のパッケージのものは瓶に入っているものもあるし、他の袋に入っているものもあります。
プラスチックに入っているものもありますが、必ず入れ物には目安が書かれているから目安を守りながら飲むのが大切です。

マグネシウム 水

マグネシウムは食品からあまり摂ることが出来ない人や今ダイエットしていてあまり食事が出来ない人もいると思います。
実はマグネシウムは水からも摂ることが出来ます。
おすすめは家庭にある水道水ではなくミネラルウォーターを購入する方がいいです。
ミネラルウォーターの成分のところにはカリウムなど成分が記載されて、マグネシウムがどれだけあるか書かれているものも多くあります。
自分が摂取したい量を考えながらミネラルウォーターを比較して購入するのもいいです。
インターネットの通販サイトでマグネシウム、水と検索するとマグネシウムがなるべく多く含まれているミネラルウォーターを検索することが出来ます。
ミネラルウォーターなら他の栄養成分も摂りやすいです。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする