あごこり解消法とあごこり体操を解説!ためしてガッテンや顎関節症など

この記事では、あごこりについて説明します。
ためしてガッテンでも取り上げられた、顎こり解消法やあごこり体操と顎関節症について説明します。





あごこりとは

あごこりとは「顎関節症」のことです。口が開けづらい、食べるときに痛みがあるなどの初期症状が存在します。
そのまま放置していると、頭痛や食欲不振などの症状が現れ、精神的に不安定になることもあるようです。
顎関節症とは、頭と下顎を繋げている筋肉が硬くなり、血流が悪くなった状態が進行した状態のことを指します。
また、顎関節の骨と骨の間に存在し、クッションのような役割を果たしている関節円板がズレ落ちることでも顎に痛みが生じます。
デスクワークの際、常に口元に力が入ってしまい、筋肉に負担をかけ続けていることが原因です。
指を縦にし、3本以上の指が第2関節まで入った場合、顎関節症の可能性は低いと言われています。
簡単にセルフチェックを行うこともできるので、気になる方はチェックしてみてください。

顎こり 顎関節症

顎関節症の初期症状には口が開けづらい、食べるときに痛みがあるなどが存在します。
初期症状を無視し、放置し続けていると、頭痛や食欲不振などの症状が現れ、精神的に不安定になることもあるようです。
顎関節症とは、頭と下顎を繋げている筋肉が硬くなり、血流が悪くなった状態が進行した状態のことを指します。
また、顎関節の骨と骨の間に存在し、クッションのような役割を果たしている関節円板がズレ落ちることでも顎に痛みが生じます。
デスクワークの際、常に口元に力が入ってしまい、筋肉に負担をかけ続けていることが原因です。
指を縦にし、3本以上の指が第2関節まで入った場合、顎関節症の可能性は低いと言われています。
簡単にセルフチェックを行うこともできるので、気になる方はチェックしてみてください。

あごこり ためしてガッテン

2019年6月12日放送の「ためしてガッテン」にて、「あごこり」が特集されました。
あごこりとは「顎関節症」ことで、口が開けづらい、食べるときに痛みがあるなどの初期症状が存在します。
そのまま放置していると、頭痛や食欲不振などの症状が現れ、精神的に不安定になることもあるようです。
顎関節症とは、頭と下顎を繋げている筋肉が硬くなり、血流が悪くなった状態が進行した状態のことを指します。
また、顎関節の骨と骨の間に存在し、クッションのような役割を果たしている関節円板がズレ落ちることでも顎に痛みが生じます。
デスクワークの際、常に口元に力が入ってしまい、筋肉に負担をかけ続けていることが原因です。
指を縦にし、3本以上の指が第2関節まで入った場合、顎関節症の可能性は低いと言われています。
簡単にセルフチェックを行うこともできるので、気になる方はチェックしてみてください。

あごこり 解消法

あごこりを解消するためには、凝り固まった筋肉をほぐしていく必要があります。
血流を良くし、頭と下顎を繋げている筋肉の凝りをほぐすためには、大きく口を開け、上を向くといったストレッチを行うと良いです。
1回にかける時間は5秒で構いません。1セット5秒×3回となります。
また、ストレッチに加えマッサージも行うとより効果が高まります。
マッサージする部分はあごの付け根の筋肉(咬筋)とこめかみの筋肉(側頭筋)です。
指でぐるぐると回します。力の強さは、自身が気持ち良いと感じる程度です。
マッサージはストレッチ後に行い、それぞれ8秒かけてマッサージを行います。
ストレッチとマッサージを1日2セット(朝晩)行うことで、あごこりを解消することができます。

あごこり 体操

あごこりとは頭と下顎を繋げている筋肉が硬くなり、血流が悪くなった状態が進行した状態のことを指します。
口が開けづらい、食べるときに痛みがあるなどの症状が現れてきますが、凝り固まった筋肉をほぐしていくことで、辛いあごこりを解消できます。
その内容は、大きく口を開け、上を向くといった簡単なストレッチです。
1回にかける時間は5秒で構いません。1セット5秒×3回となります。
また、ストレッチに加えマッサージも行うと効果はさらに高まります。
マッサージをする部分はあごの付け根の筋肉(咬筋)とこめかみの筋肉(側頭筋)です。指でぐるぐると回します。
力の強さは、自身が気持ち良いと感じる程度です。
マッサージはストレッチ後に行い、それぞれ8秒かけてマッサージを行います。
おすすめはストレッチとマッサージを1日2セット(朝晩)行うことです。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする