足梗塞とは?足梗塞の症状と原因、予防と治療の方法を解説!





足梗塞とは

足梗塞とは簡単に説明すると末端、つまり足が動脈硬化を引き起こしている状態のことを言います。
脳の血管が悪いときは脳梗塞、心臓の血管がよくないときは心筋梗塞と呼ばれるように足に対しても足梗塞と呼ばれます。
動脈硬化を起こすと足の血管も切れてしまったり詰まる恐れもあるし、足には少し重度の症状があると言えます。
血管が詰まる原因はカルシウムが血管に蓄積されて、蓄積し続けると足の血管でも詰まります。
年齢はどちらかというと若い人よりは高齢者になりやすいですが、一部肥満の症状がある人もなりやすい傾向にあります。
足梗塞にならないようにするには普段の生活を見直したり、予防する必要があります。
肥満の人は少しでも肥満をなくすようにします。

足梗塞 症状

足梗塞の症状はとても大変な病気であり、ほうかっておくと大変です。
だから自分で気づく必要があるし、自分で治療をしたりリハビリもいるため気づかなければいけません。
もちろん足梗塞になれば見た目でも分かるような症状があります。
足梗塞になると、足が痛くなったり冷えを感じたり、しびれを感じる人もいます。
足が痛くなったからといってどの症状も足梗塞だとは限りません。
足が痛くなる理由は他にも歩きすぎ、筋肉痛、リウマチなどの症状もあります。
足が痛いから足梗塞と決めつけるのは早いですが、肥満になっているとか生活習慣が悪い、足の痛みが暫く続く症状があると足梗塞の可能性が高まります。
足梗塞は酷くなると歩けないほど痛くなることもあります。
痛いときは休むことも必要です。

足梗塞 原因

足梗塞は先ほども説明した通り1つは肥満が原因です。
肥満になるとBMIが高くなり、体重が重くなると足に負担がかかりやすくなります。
足に負担をかけたり刺激を与えすぎてしまうと足が硬直しやすくなります。
さらに血管の流れも悪くなり、動脈硬化に繋がります。
動脈硬化になると足梗塞が疑われます。さらに高血圧の人も注意が必要になります。
高血圧になりやすい人は肥満の人、高齢者に多くあります。
元から血筋が高血圧の家系の人もいるとは思いますが、辛い物を食べすぎたり刺激のあるものを食べすぎると高血圧から悪化した症状に繋がります。
高血圧をなくすには普段から血圧をはかったり、予防することが大切になります。
忘れていると足梗塞だけではなく脳梗塞や心筋梗塞に関しても心配しないといけなくなります。

足梗塞 予防

足梗塞は普段からの予防が必要になり、まず最初は普段から運動をすることが大切になります。
運動するといっても激しい運動ではなくウォーキングや少し速足の散歩でもいいです。
毎日運動をすることで肥満を予防することが出来るし、足腰も丈夫になります。
さらに血液の流れもよくし、体から汗をかくことで体に溜まっている不要なものも排出しやすくなります。
これだけでは予防にはならないため、普段から生活習慣の見直しが必要です。
血圧が高いのに肉ばかり食べていると血圧はさらに高くなります。
焼き鳥なども美味しいからといって食べ過ぎてしまうと禁物です。
肉より野菜中心の生活に変えて、なるべく肥満にならない食べ物を摂取するのがいいです。

足梗塞 治療

足梗塞になった後は治療というよりはリハビリが必要になります。
人によっては1年や2年で治らず、なかなか治りにくい人もいます。
足梗塞は1度血管が詰まると下手をすると切断しなければいけない重度な症状の人もいます。
それは歩くと痛みがあり、それが解決されないからです。
必ずしも切断とは限らず、今では足につける装着器具をつけてリハビリの訓練をすることもあります。
まだ軽い症状を起こしている人もリハビリが必要になります。
1つは先ほどから言っている通り運動も必要ですが、これだけではなくときには足をマッサージする必要もあります。
足をマッサージすると血液の流れが若干よくなるし、痛みも緩和されることもあります。
重度な症状になりかけの人は投薬で治療したり、血管にカテーテルを入れて治療する場合もあります。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする