ローチケログインと会員登録、手数料を解説!リセールやプレリクとは?

この記事では、ローチケについて説明しています。
ローチケのログインや会員登録と手数料、リセールやプレリクとは何かについて説明します。





ローチケ 会員登録

ローチケのサイトを見るためには、インターネット検索でローチケと検索します。
ローチケはローソンからチケットや前売り券の予約をするときに、予約の前に行う作業をインターネットで行います。
ローチケで注文するとローソンのロッピーという機械からチケット予約をすることが出来ます。
ローチケを利用するには会員登録をするのをおすすめします。
会員登録の方法は、ローチケの右上の方にある新規登録という文字をクリックします。
会員登録するときはメールアドレスとパスワードが必要で、登録するときに文字認証をします。
規約に同意して次へをクリックすると新規登録の手続きをさらに進めることが出来ます。
会員登録をすると予約確認以外のことも出来るようになります。

ローチケ ログイン

ローチケの会員登録が終わったらログインすることが出来ます。
ログインは先ほど新規登録の文字があった横にログインの文字が書かれています。
ログインの文字をクリックすると、メールアドレスとパスワードを入力するように求められて、文字認証も行います。
文字認証が分かりにくいときは再度読み込みをクリックすると文字が変わるようになっています。
ログインが出来る状態になったとき、チケットを探したいものがあるときはチケットを探します。
あるときは機械の方に予約準備が出来るように行います。
会員登録をしているとまず何が出来るかというと大事なメルマガが届いたり最新情報のメールを貰うことが出来ます。
旅行が好きな人や出かけるのが好きな人には会員登録はおすすめです。

ローチケ 手数料

ローチケの支払い方法の選択の仕方によっては手数料がいるものがあります。
まずいるものはコンビニ支払いです。
コンビニ支払いとは簡単に言うとチケット予約をしたという紙を店頭に持っていき、店頭で支払う方法になります。
チケット予約の紙はローソンのロッピーから行うことが出来ます。
手数料に関してはコンビニ支払いの場合、1つにつき216円かかります。
近くにローソンがないときはミニストップでもいいです。
それから他にはプリペイド型ポンタカードの支払いの場合、手数料がかかります。
プリペイド型ポンタカードの場合は先にカードとチャージし、事前に支払います。
支払いを行うときに手数料がかかります。
他には、Pay-easyが216円、ちょコムeマネー決済は186円、キャリア決済の場合は216円手数料がかかります。

ローチケ プレリクとは

ローチケブレリクとはローチケから会員登録以外にも、他の会員登録したのと連携してソーシャルログインをすることが出来ることを言います。
LEncore会員、他にもローチケHMVプレミアム会員になっているとローチケ専用の会員登録はしなくて済みます。
LEncore会員の人は先ほどのログインという文字をクリックして下の方を見るとログインが出来るボタンがあります。
このボタンをクリックし、会員IDとパスワードを入力してログインをします。
またローチケHMVプレミアム会員の人はどこでログインを行うかというと、先ほどのログインの文字をクリックした後ローチケのログイン画面が表示されます。
ログインはローチケのログイン画面と同じところの入力フォームで行います。

ローチケ リセール

リセールとはそもそも何のことを言うかというと、チケットを買ったけれど目的地に行かなかったため、チケットを自分で売ることを言います。
こんなことが出来るのか、出来るサイトはあるのかというと、結論から言うとあります。
それはチケットの再販をメインとして行っているサイトで売ります。
どのサイトがあるかというと、もう1つ見るサイトがあり、Cloakというサイトを利用します。
こちらも利用するにはちけっとぴあ会員登録やログインが必要になります。
リセールでチケットを売ることが出来ますが、注意するところは手数料がかかり、270円の手数料になります。
リセール確実に出来るかどうかはCloakのサイトからちけっとぴあのIDとパスワードでアイテム一覧というところからログインします。
リセール可と書いてあれば売ることが出来ます。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする