えきねっと受け取りを解説!受け取り方といつまで、みどりの窓口と払い戻しなど

この記事では、えきねっと受け取りについて説明しています。
えきねっとの受け取り方といつまで可能か、みどりの窓口、受け取り後の変更や払い戻しなどを説明します。





えきねっと 受け取り方

えきねっとというインターネットのサイトではJRの電車の切符を買い、指定席の予約をすることが出来ます。
えきねっとから買うには、最初にえきねっとのサイトから会員登録をする必要があります。
会員登録をしたらえきねっとのトップページに移動し、きっぷ予約というボタンをクリックした後、クリック後に表示されるところからログインします。
ログインすると指定席や乗継のボタンが出るから、基本は指定席のボタンをクリックします。
項目に従っていき手続きを進めます。
ここまで作業を終えるとようやく受け取りが出来ます。
受け取りをする方法はいくつかあり、1つは指定席販売機という機械、2つ目はみどりの窓口で受け取ることが可能です。

えきねっと受け取り みどりの窓口

先ほども説明した通り、えきねっとで切符を買ったら切符自体はみどりの窓口で受け取ることが出来ます。
みどりの窓口に行く前に用意するものがあり、予約番号の控え、クレジットカードを忘れないようにします。
予約番号を忘れると自宅に暗証番号の控えがあった場合、取りに帰らなければいけません。
事前にきちんと情報と用意するものを把握しましょう。
暗証番号は指定席販売機やみどりの券売機を使う場合はいりますが、みどりの窓口を利用する場合は基本的に必要はありません。
緑の窓口の従業員に伝えるには、えきねっとからの予約のことを言い、それから手続きをするようにします。
えきねっとからの予約のことを言わないとどこからの予約なのか分からないため、みどりの窓口でも伝わるように言います。

えきねっと 受け取り時間

えきねっとから予約したときに切符がいつでも手元に貰えるかというとそういうわけにはいきません。
自分にも寝る時間や働く時間があるように、向こうにも時間があります。
さらに機械も時間指定があり、指定席券売機、みどりの券売機、みどりの窓口の平均時間は朝5時半から夜の23時の間なら受け取ることが出来ます。
つまり簡単に説明すると、みどりの窓口などの営業時間内であれば、切符を受け取ることが出来ます。
場所によっては一部早く営業時間が終わっているところや混んでいるところもあります。
だから昼間や会社帰りの早めの時間など、時間を考えて受け取るようにします。
夜に出発する切符だと当日受け取りをしようと営業時間外で受け取りが出来ない場合もあります。
行動は早めにしておくのがいいです。

えきねっと受け取り いつまで

えきねっとの切符の受け取りは時間も営業時間内という条件がありましたが、受け取り期限に関しても条件があります。
時間のときとは少し違い大きな時間制限はありませんが、先ほどの会員登録から指定席の予約が終わってから切符を使う指定した日付までが受け取り期限になります。
切符を使おうと指定した日付を過ぎると受け取りは全く出来なくなります。
そうするとどうなるかというと、指定席に乗れず直接切符を現地で購入するようになり、場合によっては長い旅行もずっと立ったまま乗車しなければいけないこともあります。
また同じ日付でも指定した時間よりも前でないと受け取ることが出来ません。
受け取るときは時間と期限の両方を守ることが大切になります。

えきねっと受け取り後 払い戻し・変更

えきねっとから予約し切符を受け取った後でも払い戻しと変更は出来ることと出来ないことと両方あります。
変更に関しては切符予約をして不足している場合は追加分を支払うだけで済みます。
変更でも払い戻し、つまり料金を最初に指定したところよりは少なくなってしまったときの払い戻しは行っていません。
だからお金は足りなければ払う、払いすぎたら戻らないため、要注意して指定席や切符を貰うようにしましょう。
切符を受け取る前なら、1回だけ変更が出来るため、切符を受け取る前にもよく確認しましょう。
変更に関する払い戻しではなく、切符を貰う前なら切符自体の払い戻しなら行っています。
ただし手数料がかかるため、注意しましょう。
切符を貰った後は変更と同様に基本的には払い戻しは出来ません。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする