jwestカードを作る前に知っておきたい!ベーシックとエクスプレスの特徴







jwest ベーシックカードの特徴

J-WSETベーシックカードは初年度年会費無料のクレジットカードです。

東海道・山陽新幹線のネット予約サービス「スマートEX」でクレジットカードと交通系ICカードを登録すると、パソコンやスマートフォンからいつでも新幹線の予約ができます。

新幹線のチケットを受け取る必要はなく、改札機にICカードをタッチするだけで入場が可能。

予定が変更になったときには、何度でも無料でチケットの時間変更ができます。

海外旅行障害保険、国内旅行傷害保険、ショッピング保険付与。1000円利用で5ポイントのJ-WSETポイントがたまります。

jwest エクスプレスカードの特徴

J-WSETエクスプレスカードは年会費1,080年(税込)のクレジットカードです。

東海道・山陽新幹線の会員制ネット予約サービス「エクスプレス予約」を利用できます。

年末年始や連休期間も、365日お得な割引価格で指定席を予約することができます。

例えば東京から名古屋までの普通指定席料金は、通常11,090円ですが、エクスプレス予約サービスを利用すると10,110円の特別価格になるので、980円安く購入することができます。

エクスプレス予約専用カードを改札機にタッチし、チケットレスで改札を通れます。

チケット変更は無料で何度でも可能。

海外旅行障害保険、国内旅行傷害保険、ショッピング保険付与。1000円利用で5ポイントのJ-WSETポイントがたまります。

jwestカード ベーシック/エクスプレスの年会費

J-WSETベーシックカードの年会費は初年度は無料です。

2年目からは年1,080年(税込)の年会費がかかりますが、前年にJ-WSETカードでのショッピング利用が一度でもあれば年会費が無料になります。

J-WSETエクスプレスカードの年会費は1,080年(税込)です。

入会すると年会費1,080年(税込)のエクスプレス予約の利用ができるようになります。エクスプレス予約を利用すると新幹線代が割引価格になります。

jwestカード ベーシック/エクスプレスの違い

J-WSETベーシックカードのメリットは年会費が無料(条件付き)だということです。

ただしエクスプレス予約は利用できません。

エクスプレスカードのメリットはエクスプレス予約ができることですが、デメリットは年会費がかかることです。

そのほかの付帯保険や、選べる国際ブランド(マスター、VISA、JCB)、ポイントプログラムなどは、ベーシックカードもエクスプレスカードもすべて同じです。

仕事などで新幹線利用の多い人は、新幹線チケットを特別価格で購入できるエクスプレスカードのほうがおすすめです。

jwestカード ベーシック/エクスプレスの変更方法

J-WSETカードの種類をベーシックからエクスプレスに変更したい場合、「J-WSETカード切替申込書」の提出が必要です。

資料請求ダイヤルへ電話し、切替申込書を請求しましょう。

必要書類を郵送することで変更手続きが可能です。

J-WSETカードに登録している住所、電話番号や、支払方法などの変更をしたい場合、JCBカードはJCBの問い合わせ窓口、VISAカードとマスターカードはMUFGカードの問い合わせ窓口での変更手続きが必要です。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする